コロナウィルス状況下でのタイ入国方法(増便)

スポンサーリンク
コロナウィルス

こんにちは、Norahです。今回はタイ特別便の増便についてです。

迷いネコ
迷いネコ

タイ特別便の増便が8月27日を皮切りに続々発表されているね。
どのような変更があったり注意しなければいけない点があるのかな??

現在WP・ビザを取得されている方には大きな変更はありません。
飛行機は増便分予約しやすくなっているので、好転しています。

 全体の流れ
1) WP3/WP/BOI推薦状/IEAT証明書の手配
2) 航空券予約             
3) Non Immigrant Bビザ申請予約   
4) タイ王国入国許可証 (COE)
  申請書類等準備
5) タイ王国入国許可証 (COE)申請 
6) タイ王国入国許可証 (COE)を入手 
  (搭乗約4日前まで)
7) タイ特別便搭乗書類を集める
8) タイ入国3日以内に
  コロナ陰性証明検査を受ける
9) タイ特別便搭乗
10) 2週間の隔離

ただビザを保有されていない方は手続きで気をつけなければならない点が多くなりました。
今回の増便発表に伴う大きな変更か下記2点です。

 ①Non Immigrant Bビザを申請する際に航空チケットの提示が必要
 ②Non Immigrant Bビザ申請日は搭乗予定日によって固定される

迷いネコ
迷いネコ

何が大変なのかな??

書類を揃えるスケジュールがより厳しくなりました。
例えばWP3の取得や招聘状の日本への送付が間に合わない可能性があります。

WP3の取得はバンコクで3-4日(他県では2-3週間程度)かかり、
WP3を申請するまで招聘状を日本に送付することができません。
気をつける点は下記です。

  1: 招聘状にはWP3で許可される”就労時の役職”を記載しなければならない。
     在京大使館は招聘状に”就労時の役職”記載を求めています。
     (WP3に” 就労時の役職”が記載されており、招聘状の記載と異なると不自然。)
     WP3に申請した通りに” 就労時の役職”が通れば問題なのですが、
     担当官は組織図をみて判断しますので、変更を求められることがあります。     

  2: 招聘状は現地法人の社印が必要なため、
     タイ→日本への郵送日数を加味しなければならない。
     (駐在員事務所や現地法人社印が日本本社で保管されている場合は別。)

つまり”WP3の申請”と”招聘状の送付”を同時並行に行うことができれば焦る必要は無いのですが、
“WP3の申請”→”招聘状の送付”を行うしかないため、
直前のタイ特別便に申し込んでしまうと書類が間に合わない可能性が非常に高いです。

お薦めの方法としてはタイ特別便に搭乗する際には、WP3のコピーが必要であり、
原本は必要ありません。

期日が切れそうになった際WP3をキャンセルして都度、
WP3は有効な状況にしておくことをお薦めいたします。

Norah
Norah

10月にはもっと増便されると聞いているよ。
ただ現在就航されているタイ特別便(JAL/ANA/TG)は価格差が大きいね。

日本航空    25万円程度
全日空    15万円程度

        (ビジネス25万円)
タイ国際航空 10万円程度

コメント